保育園入園

入所のタイミングが4月がポイント!

正社員で育児休暇を利用して休職していたので、復職する事は決まっており、赤ちゃんの頃から、保育園をいくつか見学に行っていました。
無認可保育園も数か所見学しましたが、保育時間が24時間など、魅力的な所も多いのですが、共通して園がせまく、窮屈に感じました。認可保育園は、広々としていますが、夜19時で終わる所が多く、迷いましたが、認可保育園の、早朝から夜20時まで保育をしてくれるところをピックアップし、応募しました。

 

無認可保育園は、どの保育園も、いつでも受け入れてくれる事に対して、認可保育園は園の選択も、入所自体も、希望どおりにはいかないといった印象でした。保育料は、認可保育園の場合は所得税に従って決定されるので、所得の高い世帯では無認可保育園と同じくらい、もしくは高くなる場合もあるので、どちらが安い、高いは一概には言えません。

 

子どもは8月産まれでしたので、育児休暇が終わると定められている「子が1歳」に合わせて8月の入所に応募しましたが、落選しました。年度の途中で入所ができる事はほぼ無いと後から知ったので、気をつけたほうが良いです。育児休暇は保育園に入所できなかった場合に「子が1歳半」になるまで延長できるので、半年間延長しましたが、半年後の2月も、年度の途中なので落選しました。でももう、後がありませんでしたので、2月と3月は無認可保育園に入所させ、復職し、次の4月の認可保育園の入所にかける事にしました。

 

幸いにも4月に入所する事ができたので、無事に認可保育園での園生活をスタートする事ができて良かったですが、子どもは数カ月の間に劇的に環境が変わることとなりました。しかし、無認可保育園も認可保育園もどちらも通う事ができて良かったです。特に、無認可保育園では、少人数の園児に対して大勢の先生がついてくれて、至れりつくせりでした。また、クラスが分かれていませんでしたので、年上の園児が遊んでくれる事が良かったです。

 

このように、誕生月によって入所のタイミングが大きく違ってくるので、4月をポイントにして入所を検討する事をおすすめします。